G-グリップ

高硬度・耐候性/耐摩擦性・耐摩耗性/耐汚染性・耐薬品性/帯電防止効果/プラスティック用ハードコート/光触媒用プライマー

ハイブリッド型塗料 G-グリップ

標記塗料は、ハイブリッド型塗料です。
成膜後は非常に高硬度で、耐久性・耐候性・耐薬品性・耐摩耗性・耐汚染性に優れたハードコートを形成することができ、優れたノンスリップ効果が得られます。
ゴム、プラスティック等を考慮して開発されたノンスリップ特殊コート剤、その耐久性能は市販品の10倍以上の性能があります。

玄関タイルの保護滑り止めとして

玄関タイルの保護滑り止めとして

コンクリートの滑り止めとして

コンクリートの滑り止めとして

P-タイル、クッションフロアーの滑り止めとして

P-タイル、クッションフロアーの滑り止めとして

屋外床のコーティング剤として

屋外床のコーティング剤として

屋外床の強力滑り止めとして

屋外床の強力滑り止めとして

屋外階段の保護滑り止めとして

屋外階段の保護滑り止めとして

浴室床保護・滑り止めとして

浴室床保護・滑り止めとして

マットの滑り止めとして

マットの滑り止めとして

ノンスリップコート剤の重要性

厚生労働省によると2001年に転倒事故を起こした案件は2355件に上がります。
転倒の場所としては学校施設、街路地、商業施設などと様々ですが、厚生省(厚生労働省の前進)は1999年10月の転倒などによる外傷患者の実数(1日当たり、入院5万4,900人、通院約7万9,200人)を基に、転倒などにより1日で10万人を越える患者が手当てを受けていると推測しています。

これが管理責任となるとたかが滑って、転んで怪我をしたでは、すまされません。また、ハートビル法の改正により、より管理者の責任が重くなってきています。

ハードビル法の改正
平成15年4月、ハードビル法(高齢者、身体障害者等が円滑に利用できる特定建築物の促進に関する法律)が改正されました。これにより特定建築物の範囲が拡大され、特定建築物の建築等について、利用円滑化基準への義務付けられました。これに伴い、廊下、階段、傾斜路、敷地内通路等は、「表面は、粗面とし、又は滑りにくい材料で仕上げること」が必須となります。

特長

  • 高硬度で耐擦傷性・耐摩耗性に優れています。
  • 耐候性・耐汚染性・耐薬品性に優れています。
  • フロアー用ハードコート・強力滑り止めとして使用できます。
  • 優れた耐久性能 約20年(使用頻度により変わります)
  • 上塗り可能アフターメンテナンスが容易に行えます。
  • 厚塗り、2度塗りでさらに滑り効果を高められます。
  • 万が一の転倒でも、擦り傷、切り傷を防止します。
  • 紫外線の影響を受けないので床の変色を予防できます。
  • 無機質素材を使用していますので、水に溶け出さず、水の影響は受けません。
  • シックハウスの原因となる床材からの物質を防止できます。
  • 高光沢、ツヤ消し等あらゆる床材のツヤ調整が出来ます。
  • 塗り斑が出にくい高レべリング使用で仕上がりも綺麗です。

詳細仕様

製品名 G-グリップ
概要 成膜後は非常に高硬度で、耐久性・耐候性・耐薬品性・耐摩耗性・耐汚染性に優れたハードコートを形成することができ、優れたノンスリップ効果が得られます。
ゴム、プラスティック等を考慮して開発されたノンスリップ特殊コート剤、その耐久性能は市販品の10倍以上の性能があります。
用途

タイル、P タイル、コンクリート、屋外床面等

調合方法 主剤:硬化剤=10:1
シンナー希釈率 50〜80%(重量比)
塗装粘度 9〜12s/HIS NK-2
ガン口径 1.3〜1.5mmφ
空気圧 1.3〜1.5MPa(3〜4kgf/cm2
強制乾燥 80℃×30分
指触乾燥 30分(20℃)
硬化乾燥 24時間(20℃)
完全硬化乾燥 5日間(20℃)
標準膜厚 20〜30μm
塗布量 0.025kg〜0.035kg/m2

塗膜性能

塗料:G-グリップ/乾燥:80℃×30分乾燥、20℃×2週間放置後供試/膜厚:20μm

試験項目 試験条件 結果
G-グリップ
鉛筆硬度 三菱鉛筆ユニを用いて塗膜硬度を調べる。 4〜5H
付着性試験 碁盤目テープ法 1mm方眼100個作成
セロテープ剥離テスト(付着目数)/100
100/100
耐屈曲試験 屈曲試験器にてφ24mm棒を使用し、180度折り曲げ後の塗膜状態を目視にて調べる。 異常なし
耐摩耗試験 テーバー摩耗試験(W=500g、摩耗輪:CS-17、200回転) 2mg以下
耐水試験 水道水、7日間浸漬(20℃) 異常なし
耐アルカリ試験 0.1%水酸化ナトリウム水溶液スポット、24時間(20℃) 異常なし
耐酸試験 0.1%硫酸水溶液スポット、24時間(20℃) 異常なし
耐溶剤性 ラビングテスト
(4.9N荷重/10往復)
エタノール 異常なし
ベンジン 異常なし
無鉛ガソリン 異常なし
トルエン 異常なし
酢酸エチル 異常なし
耐汚染性 常温下
24時間放置
マジック(黒、赤、青) エタノール拭き 異常なし
マジック(黒、赤、青) 乾布拭き取り 跡が残る
醤油、乾布拭き取り 異常なし
ソース、乾布拭き取り 異常なし
ケチャップ、乾布拭き取り 異常なし
口紅、乾布拭き取り 異常なし
滑り抵抗係数 JIS A 1454試験 C.S.R (財) 建材試験センター調べ 1.00
促進耐候性 サンシャインウェザオメーター(4,000時間)光沢保持率 80%以上

異常なし:状態に変化がないこと

G-グリップの施工上の注意

  • 素材表面の油脂分、水分など有害な付着物は完全に除去して下さい。
  • 塗料の保管は、冷暗所に置いて下さい。また湿気で硬化が進むので、容器は必ず蓋をして下さい。
  • 主剤と硬化剤は、上記塗装条件の割合で正確に調合し、十分に攪拌して下さい。
  • 混合後の塗料は、下記可使時間内に使い切って下さい。

塗装間隔時間

温度 5℃ 10℃ 20℃ 30℃
調合後の可使時間 24時間 12時間 8時間 4時間
指触乾燥時間 60分 40分 30分 20分

C-1グラス全製品共通の施工上の注意はこちら